こんにちは相厚エステートの添田です。

先日お客様より「この物件が見たいです」というお問い合わせをいただき、確認したところ「囲い込み」で有名な〇〇不動産が管理している物件でした。

囲い込みとは、売却の依頼を受けたお客様の不動産を他の不動産会社には紹介をさせず、自社取引に限定して「両手仲介」をする事を言います。

両手仲介とは売主と買主の両方から仲介手数料をもらう取引の事を言います。レインズを見た他の不動産会社が買主を見つけてしまうと片手仲介になります。

例えば3,000万円の売買契約をした場合、片方からいただく仲介手数料の上限は3,000万円×3%+6万円×消費税と宅地建物取引業法で定められています。

これが両手仲介になると双方から仲介手数料をいただくので、他社から商談が来ても受け付けず、自社のお客様のみに販売をしようとするのです。

〇〇不動産の囲い込みはニュースでも公表され、知らない不動産屋さんはいないくらい有名なので、〇〇不動産が管理する物件を紹介する時は細心の注意が必要なんです。

関連記事:大手不動産が不正行為か流出する”爆弾データ”の衝撃

私は、レインズ(REINS)に物件が掲載されていることを確認し、お客様に紹介する前に商談中ではない事を電話で確認し、「紹介してもOK」との許可を頂いたにもかかわらず購入申し込みをいただいた途端、「他のお客様と商談中です」との回答。お客様からいただいた購入申込書を受理していただけませんでした。

※レインズ(Real Estate Information Network Systemsの略)とは、全ての不動産業者が利用できるデータベースの事で、お客様から売却の依頼を受けた不動産業者は、速やかにレインズに物件情報を登録し、他の不動産業者と協力して販売活動をする義務があります。

囲い込みをする業者はレインズに登録はするのですが、巧妙なやりかたで他の不動産会社に販売させないようにするのです。依頼主の売主様にはわからないので、知らぬ間に販売機会を失っているのです。

同じ不動産業として両手仲介を否定するつもりはないのですが、○○不動産にお客様がいないにも関わらず、他の不動産業者から購入申し込みが入った時に「商談中です・契約予定です」と対応し、売れる物件を売らないというのは○○不動産に売却を依頼している売主様が知ったら許さないですよね。

お客様は気に入っていたので、直接○○不動産に連絡をして契約するようお薦めましたが、そういう不動産屋さんとは契約をしたくないとお客様もご立腹。

結局、違う物件を探して契約をしていただきました。

どんなに良い物件でも扱う不動産会社に問題があると売り時を逃しますので、売却を依頼する時は「囲い込み」をしない業者を選んでください。

もし、売却依頼をしている不動産が囲い込みをされているのでは?と思われた不動産オーナー様がいらっしゃれば当社が無料で調査をしますのでお気軽にご相談ください。

売却物件を募集しています。

相厚エステートではお客様の大切な不動産の売却不動産の購入に関する無料相談窓口をご用意しておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

まずは無料で相談してみる