売却依頼から成約までの経緯

市街化調整区域内で建築した分家住宅は建築主しか住むことが出来ないため、売却するのか難しいです。

しかし、一般住宅に変更すれば問題はクリアされます。

初めて相談をされたのは令和2年でした。

当時は一般住宅への変更はハードルが高く、「やむを得ない事情」が無いと許可がおりませんでした。

しかし、令和4年8月に高かったハードルが無くなり一定の条件をクリアすれば一般住宅への変更が出来るようになったのです。

おそらく厚木市で1件目となる申請手続きを行い、約3か月で許可を取得することができました。

ちなみに2件目も当社です。

分家住宅の売却でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

物件概要

物件価格  
所在 厚木市
交通 小田急線「本厚木駅」
土地面積 公簿234.80㎡(71坪)
地目 宅地
建物 1F:65.80㎡ 2F:67.11㎡ 延べ132.91㎡(40.2坪)
建物 軽量鉄骨造スレート葺2階建 平成11年1月築 4LDK+2S
権利 所有権
都市計画 市街化調整区域
建ぺい率 50%
容積率 100%
接道 南東側公道(幅員約4.0m)に約14.1m接道(1項1号道路)
その他 22条区域・文化財包蔵地内
設備 上水道・浄化槽・プロパンガス
現況 居住中
引渡し日 相談
取引態様 媒介
  • 契約不適合責任は免責とさせていただきます。
  • 売却理由はお住み替えです。
  • トヨタホーム施工の軽量鉄骨造
  • 内覧は土日のみ対応させていただきます。
  • お問い合わせはメールかLINEでお願いいたします。

現地写真

間取り図 4LDK+2S

配置図

 

 

不動産買取

相厚エステートではお客様の大切な不動産の売却不動産の購入に関する無料相談窓口をご用意しておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

まずは無料で相談してみる

不動産なんでも相談室 YouTubeチャンネル