印紙税とは

印紙税は、日常の経済取引で作成される課税文章の作成行為に課税される国税です。

不動産の取引では売買契約書、建築工事請負契約書、領収書を作成したときに課税され収入印紙を貼ることで税金を納めています。

収入印紙は郵便局で購入する事が出来ます。

売買契約書の印紙税額

【平成26年4月1日~令和2年3月31日】

売買契約書の契約金額 印紙代
1万円以上 50万円以下 200円
50万円を超え 100万円以下 500円
100万円を超え 500万円以下 1,000円
500万円を超え1千万円以下 5,000円
1千万円を超え5千万円以下 10,000円
5千万円を超え 1億円以下 30,000円

それ以上の金額は見たことがないので省略します。

建築工事請負契約書の印紙税額

【平成26年4月1日~令和2年3月31日】

請負工事金額 印紙代
1万円以上 200万円以下 200円
200万円を超え 300万円以下 500円
300万円を超え 500万円以下 1,000円
500万円を超え1千万円以下 5,000円
千万円を超え5千万円以下 10,000円
5千万円を超え 1億円以下 30,000円

それ以上の金額は見たことがないので省略します

領収書の印紙税額

領収書の金額 印紙代
5万円以下 非課税
100万円以下 200円
100万円を超え 200万円以下 400円
200万円を超え 300万円以下 600円
300万円を超え 500万円以下 1,000円
500万円を超え1千万円以下 2,000円
1千万円を超え2千万円以下 4,000円
2千万円を超え3千万円以下 6,000円
3千万円を超え5千万円以下 10,000円
5千万円を超え 1億円以下 20,000円
1億円を超え 2億円以下 40,000円

それ以上の金額は見たことがないので省略します。

領収書を発行者する者が個人の場合は印紙を貼る必要はありません。

売却物件を募集しています。

相厚エステートではお客様の大切な不動産の売却不動産の購入に関する無料相談窓口をご用意しておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

まずは無料で相談してみる