こんにちはサイト管理者の添田です。

今回愛川町で空き家バンク制度が始まりました。

簡単に説明すると愛川町の「空き家バンク」に登録されている物件を購入すると

「空き家取得+改修で最大50万円の補助金」「空き家取得+解体で最大60万円の補助」

が受けられる制度なのでマイホーム(中古住宅)の購入を検討されている方にはお得な情報ですね。

売却を検討されている方も空き家バンクに登録すれば成約率が高くなります。

下記に詳細を書きましたが内容が難しいので興味のある方はお気軽に当社までお問い合わせください。

協定の内容

「不動産業者をどこに頼んでよいかわからない」所有者に、不動産業者を紹介します。
1.空き家バンク登録に申請する空き家所有者から、「不動産業者を紹介してほしい」と町に相談が寄せられた場合、町から(公
社)全日本不動産協会神奈川県本部県央支部と(公社)神奈川県宅地建物取引業協会県央支部に、媒介に係る協力依頼書を送
付します。
2.両協会は、会員に「媒介を希望する不動産業者」の募集を行い、媒介を希望する不動産業者の名簿を作成します。
3.両協会は、町に作成した名簿を提出します。町は、名簿を空き家所有者に送付します。
4.空き家所有者は、名簿の中から媒介契約を行う不動産業者を選定します。
5.空き家所有者と不動産業者の媒介契約が完了いたしましたら、町ホームページに物件情報を掲載し、PRを開始します。
6.入居希望者が現れ、交渉成立となりましたら、下記の補助制度を設けておりますので、空き家所有者等へご紹介ください。

空き家改修費用補助制度

空き家バンクに登録された空き家を改修する方に、改修費用の一部を補助します。
【補助対象者】
1.空き家の所有者
2.空き家を借りる方
【補助対象住宅】
屋根、外壁、トイレなど生活するために必要な経費であること
※他にも諸条件があります。
【補助金額】
最大20万円

空き家取得費補助制度

空き家バンクに登録された空き家を取得し、愛川町に定住しようとする方などに、取得費用の一部を補助します。
【補助対象者】
1.購入した空き家に入居し、転入又は転居の届出を行った方。
2.5年以上定住する見込みである方。
【補助対象住宅】
愛川町空き家バンクに登録された空き家
※他にも諸条件があります。
【補助金額】
最大30万円

空き家解体費補助制度

空き家バンクに登録された空き家を取得し、建替えをする方に、解体費用の一部を補助します。
【補助対象者】
1.空き家を取得した方で、空き家の解体後に自ら居住の用に供する住宅を建設する予定の方
※他にも諸条件があります。
【補助金額】
最大30万円

耐震診断費補助制度

昭和56年5月31日以前に建てられた、2階建て以下の在来工法による木造住宅の耐震診断を行う場合、費用の一部を補助します。
【補助対象住宅】
昭和56年5月31日以前に建てられた、2階建て以下の在来工法による木造住宅
※他にも諸条件があります。
【補助金額】
最大4万円

耐震工事費補助制度

耐震診断を行い、上部構造の総合評点が1.0未満の住宅に対し、費用の一部を補助します。
【補助対象住宅】
昭和56年5月31日以前に建てられた、2階建て以下の在来工法による木造住宅
※他にも諸条件があります。
【補助金額】
最大50万円

売却物件を募集しています。

相厚エステートではお客様の大切な不動産の売却不動産の購入に関する無料相談窓口をご用意しておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

まずは無料で相談してみる