こんにちは相厚エステートの添田です。

今回は不動産の売却について大切なお話をさせていただきます。

不動産を売却する際、どこの不動産業者にお願いすれば良いのか?ほとんどのお客様が初めての経験なので悩みますよね。

大手不動産会社は本当に安心ですか?

手っ取り早いのはテレビCMに出ているような大手不動産業者ですよね。「大きな会社だから安心」ほとんどのお客様がそう思っているでしょう。

最初から名前も知らない小さな不動産屋さんにに相談してみよう!というお客様はまずいらっしゃいません。

ちなみに当社の場合は私から購入していただいたお客様やその親戚・友人の売却依頼が7割で、残りの3割はこのホームページを見て問い合わせいただいたお客様です。

その不動産会社や個人の事を知っていれば安心して相談することができますが、知らない不動産屋さんにいきなりお願いするのはとても勇気が必要ですよね。

大手不動産に依頼すると売却価格が下がる理由

大手不動産業者は安心!それ自体は間違っていませんが、売却価格が大幅ダウンしている可能性があるってご存知ですか?

全ての物件ではありませんが特に下記に該当する不動産の売却をお考えのお客様は要注意です。

  • 駅徒歩15分圏内の土地や中古戸建
  • 駅徒歩10分圏内のマンション
  • 近隣に商業施設が充実している物件
  • 敷地面積が広い土地

上記に共通しているのは一言で「人気のある物件」です。

なぜ人気がある物件を大手不動産業者にお願いをすると売却価格が大幅にダウしてしまうのか。

人気のある物件イコールみんなが欲しがる、みんなが探している物件です。

居住を目的として個人のお客様が欲しいのはもちろんの事ですが、商売を目的とした建売業者や中古マンション専門業者、投資家(以下買取業者と言います)も懸命に探している物件なんです。

この説明だけだと???と思われますので、もう少し説明します。

なぜ高額の一般客よりも低額の買取業者へ販売するのか

大手不動産業者(以下O不動産と言います)は売却の依頼を受けると当然ですがお客様を探します。

探すといっても、そもそも人気がある物件なのでO不動産でなくても販売価格が適正であれば簡単にお客様は見つかります。真剣に探している方は毎日ホームページをチェックしているので、掲載したとたんに売れることも珍しくありません。

一般のお客様と買取業者の両方から購入希望があった場合、O不動産はどちらに売却すると思いますか?

この質問の仕方だと早い者順?高く買ってくれる方に?と思われますよね。

質問を変えます。

4,500万円で買いたい一般のお客様と4,200万円で買いたい買取業者ならどちらに売却すると思いますか?

当然4,500万円、、、不正解です。O不動産は4,200万円の買取業者に売却します。

理由は売買契約の回数です

O不動産がお客様に売却すると契約は1回で終わってしまいますが、買取業者が相手だとO不動産と買取業者で1回、さらに買取業者から売却依頼を受注し再度お客様に販売するので、同じ物件で2回(それ以上)の契約が出来るのです。

1回の契約で支払う仲介手数料の上限は「物件価格の3%+6万円×消費税」と法律で決められていますが、契約件数が2倍に増えれば仲介手数料は2倍に増えます(4倍になる事もあります)。

そのような理由から4500万円で一般のお客様に売るより4200万円の買取業者に買ってもらう、というカラクリです。

注意するポイント

売却を依頼したお客様がそれを知っていれば全く問題はありませんが、知らずに売却が成立していたとすれば怖いですよね。

  • 売却を依頼したら1週間以内にお客様が見つかった
  • 理由はよくわからないけど買主は一般の方ではなく買取業者だった
  • 依頼した金額より安かったけど確実に売れるから安心と言われた

という場合は要注意ですね。

O不動産のネットワークがあるから成せる業ですがどのように思われますか?

一度街の小さな不動産屋さんの話を聞いてみてはいかがでしょうか

売却物件を募集しています。

相厚エステートではお客様の大切な不動産の売却不動産の購入に関する無料相談窓口をご用意しておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

まずは無料で相談してみる