こんにちは相厚エステートの添田です。

住宅インスペクションってご存知でしょうか?

住宅インスペクションとは、住宅の設計や施工に精通した専門家が第三者の立場で建物の状況を調査し、 欠陥の有無や住宅の不具合、補修すべき箇所を診断するものです。住宅インスペクションには建物状況調査、 耐震診断、かし保証検査、雨漏り調査といった目的に応じた調査があります。

建物状況調査とは、国土交通省の定める講習を修了した建築士が、建物の基礎、外壁など建物の構造耐力上主要な部分 及び雨水の侵入を防止する部分に生じているひび割れ、 雨漏り等の劣化・不具合の状況を把握するための調査です。
宅地建物取引業法の改正により、2018年4月から、媒介依頼者(売主・買主)に対する建物状況調査の制度説明や希望に応じた検査事業者の斡旋、重要事項説明における説明などが不動産会社に義務付けられました。

つまり中古住宅の売買をする際、住宅インスペクション(建物検査)を受けたかどうかを説明しなけばいけなくなりました。買主様にとっては検査報告書の内容で建物の安全性が確認できるのでとても良い制度と言えます。

ただし売主様にとっては検査費用や補修費用の負担が増えてしまう制度です。不動産業者が売主なら当然の事と言えますが、個人の売主様にとっては大変になりますね。

検査をして何も問題がなければ安心ですが、検査報告書に問題ありと書かれれば事前に補修しなければ販売しにくくなる。

買主が2つの物件で悩んでいるときに1つはインスペクションを受けていて、もう1つは受けてなければ当然受けている方を選びますよね。

いずれにしてもこの制度が始まってしまいましたので売主様は売却を始める前に不動産屋さんとよく話し合ってから販売を始めて下さい。

当社で使用しているパンフレットを添付しますのでご確認ください。

売主様用パンフレット

買主様用パンフレット

詳細は当社までご相談ください。

売却物件を募集しています。

相厚エステートではお客様の大切な不動産の売却不動産の購入に関する無料相談窓口をご用意しておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

まずは無料で相談してみる